Intel Project AlloyのMRゴーグルは発展途上の段階にある

スポンサーリンク
Intel Project Alloy

INTEL社のProject Alloyが、CES 2017で公開されました。このProject Alloyは、スタンダードアロン型のMR HMD(Marged Reality Head Mount Display)です。

日本の各メディアでも、このIntelのMRゴーグルについては記事が出ていましたが、INTEL社側の発表内容に沿った記事が多かったため、使用感は分かりませんでした。

海外のテック系メディアであるTHE VERGEに、使用感に関するAdi Robertson氏の記事がありましたので、そちらを要約してお届けしたいと思います。

We fought robots in Intel’s revamped Project Alloy headset
Intel’s Project Alloy is an interesting experiment: a self-contained "merged reality" headset that mixes elements of real life into virtual reality. When we tri...

ヘッドセットは重く、手による支えが必要

IntelのProject Alloyは、ヘッドセットが非常に重く、最良の確度を得るためには支える必要があるようです。このあたりは、やはり製品として出荷しているMicrosoft Hololensがよく出来ているということでしょう。(但し、Microsoft社のMRは、Mixed Realityと言っており、内容も異なります)

Robertson氏は、この記事の中で、

私が見てきたVRの追随性では、Oculus の Santa Cruz プロトタイプについで良かったものですが、ヴァーチャル体験という意味では、Oculus LiftやHTC Vibeより明らかに悪い

ものだったようです。

仮想銃をシミュレートするためのフルモーショントラッキングがないため、実際の手と全く同じ方向に向いているとは感じられず、ヴァーチャル体験という意味では、完全に没頭することが出来なかったようなので、製品化に向けては改良が必要な部分だと思われます。

とは言え、Robertson氏も「印象的である」と語っており、今後の製品化に向けて期待が持てそうです。

Project Alloyの映像は、INTEL社のPress Kitページにある動画を見ていただくと、INTEL社が実現しようとしているMarged Realityの意味合いが分かると思います。

本格的なxRゴーグル元年の予感

Intelは、Microsoftとは違って製品を直接出荷しません。少なくとも、1社のパートナー企業が、今年後半に完成版をリリースする予定らしいので、その完成を待って再評価すべきでしょう。

いずれにせよ、VR、AR、そしてマイクロソフトが言うMR(Mixed Reality)と、このIntelのMR(Merged Reality)が加わり、仮想空間向けゴーグルは盛り上がりを見せる一方ですね。

今年は、本格的なxRゴーグル元年になりそうです。

 

≪参考≫
ITmedia

Intel、「Project Alloy」のスタンドアロンMR HMDは第4四半期に出荷と発表
IntelがCES 2017で、RealSenseカメラ搭載でセンサーもコントローラーも不要な“Merged Reality”ヘッドセット「Project Alloy」のデモを披露した。第4四半期にOEMから出荷される見込みだ。

マイナビニュース

CES 2017 - VRや自動車市場への取り組みを加速するIntel | パソコン | マイナビニュース
Summary
Intel Project AlloyのMRゴーグルは発展途上の段階にある
Article Name
Intel Project AlloyのMRゴーグルは発展途上の段階にある
Description
CES 2017で公開されましたINTEL社のProject AlloyというMR HMD。テック系メディアTHE VERGEに、使用感に関する記事がありましたので、要約してお届けしたいと思います。
Author
Publisher Name
Marketing Today
Publisher Logo
marketingtoday_contents_ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする